迷える希望で進んでいくしかないんだよ。
そんな旅のおともに鬼束ちひろの音楽はいかが?
鬼束ちひろしか聴きませんが何か?トップ > Foo Fighters > Foo Fightersと私

Foo Fightersと私

Foo Fighters

フー・ファイターズ

フー・ファイターズの歴史はニルヴァーナ抜きには成り立つものではなく、それがあったからこその成功であり、それがあったからこその苦闘だったといえる。94年、カートは自らの命を絶ち、ニルヴァーナは解散。残されたメンバーはまさに世界に置き去りにされた。世界は元ニルヴァーナに注目する。しかし、その“注目”は何を期待しているのか。成功か、それとも失敗し、無様な姿をさらす偉大なバンド“ニルヴァーナ”の“残された”元メンバーを嘲笑したがっているのか・・・。デイヴ・グロールは戸惑い、恐れながらも最初の一歩を踏み出す。その瞬間から今までがフー・ファイターズの歴史だ。

 95年、デイヴ・グロールはすべてのインタビュー、すべてのプロモーションを頑なに拒絶し、ライヴ活動だけをしながらそのキャリアをスタートさせる。デビュー作「フー・ファイターズ」(全米最高位23位)に収められているのは、おっかなびっくりではあるが、音楽しかない男が最初の一歩を踏み出したその瞬間が収められている。この作品はほぼデイヴ・グロール一人で制作されている。
 
 97年、その2枚目の作品「ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ」(全米最高位10位)をリリース。ここからフー・ファイターズとしての出世曲といえる「モンキー・レンチ」が生まれる(因みに日本では05年に“キリン極生”のCM曲に起用され話題となった)。ニルヴァーナ時代からの盟友パット・スメアの脱退を乗り越え、バンドはハードなツアー・スケジュールをこなしていった。こうして、フー・ファイターズはバンドになっていった。

 99年、フー・ファイターズのあり方を決定付ける傑作「ゼア・イズ・ナッシング・レフト・トゥ・ルーズ」(全米最高位10位)を発表。本作で第43回グラミー賞“ベスト・ロック・アルバム”“ベスト・ショート・フォーム・ミュージック・ビデオ”賞受賞。前作のツアー終了後に脱退したフランツ・ストールに代わり、このアルバムのツアーからギターにクリス・シフレットが加入し、現在のラインナップが完成する。

 02年、3枚目のアルバム「ワン・バイ・ワン」を発表。これがこの時点でバンド最大のヒット作となる。わずかの制作期間で一気に制作されたこの作品は、ライヴ感に溢れたサウンド・プロダクションが特徴で、パンクやヘヴィ・ロック隆盛だった当時のシーンにダイレクトに受け入れられた。長期にわたるハードなツアーだけが育むことができるバンドの精神的な結束とタイトな演奏、縦横無尽なコンビネーションが、フー・ファイターズの剥き身の凄さとなって、この作品を最高のロック・アルバムに仕立て上げた。それを実質的に裏付けるかのごとく、03年、本作品は第45回グラミー賞“ベスト・ハードロック”賞、第46回グラミー賞“ベスト・ロックアルバム”賞を受賞し、400万枚のセールスを記録した。

 3年のブランクを経て、05年に「イン・ユア・オナー」をリリース。 アコースティックとエレクトリックの2枚のアルバムからなる大作「イン・ユア・オナー」は全米最高位2位を記録。2つの違う物語が1つの大きな物語を紡ぎだすこの作品の制作で、フー・ファイターズは自分たちの持てるすべてを投入している。これこそが、現在のロック・シーンにおけるフー・ファイターズが唯一無二の存在であることを証明する作品であり、ここにある全てが彼らのこの10年間である。2枚組にも関わらず、この作品が最も売れたフー・ファイターズの作品であるのも当然といえるかもしれない。

 06年、その延長線上にあるともいえる彼らにとっての初のコンセプト・アルバムとなる全編アコースティック作品“Skin And Bones”を発表。聞くものの耳を瞬時に捉え、そして胸を強烈に揺るがす美しいメロディー=フー・ファイ・サウンドがむき出しとなった作品である。この年彼らは初の武道館公演を果たし、同時に厚生年金会館ではアコースティック・ライヴを行っている。

結成12年を経て、全世界のロック・シーンで最もレスペクトされる大物バンドへと成長したフー・ファイターズ。同時にまた彼らは、未だに最も可能性を秘めたバンドのひとつであり続けている数少ないバンドでもある。フー・ファイターズが、ここからどこに向かうのか、全世界が注目する理由はそこにあるのだ。


引用元:http://www.bmgjapan.com/foofighters/profile.php?id=774
今ではすっかりおしゃれ髭オヤジだが(いい意味で)
やっぱり泥臭くっても好きなことに打ち込んで打ち込んで
ひたすら突き進むというデイヴの生き様を体現している。

それはNirvanaでのかつてが
あったからこそなるものであって
カートという人の死が少なくとも関わっているのも事実だと思う。

ただやっぱりNirvanaと違うのは
泥臭さ、陽気さがあるところだと思う。
どんなにぼろぼろになろうが
どんなに困難になろうが生きてやろう!
そう思わせる曲が非常に多い。

人生をこれでもかって
見てろよカート!

みたいな魂がどこかにあるんではないかな

今年の幕張メッセの音質はあまりよくなかったけど
パフォーマンスは最高だった。
また、来日したらいきたいものだ。

オススメはThe Colour and the Shape


特に大好きな曲は
Everlong
icon

ライブではアコースティック版をやってくれたりするがオススメの1曲である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。